*

目の青クマが消えないのは「隠れ貧血」が原因かも?

目の青クマ対策

隠れ貧血」という言葉を聞いたことがありますか?
隠れ貧血は貧血の一歩手前の状態です。

目の下にどんよりとできる青クマは目元が血行不良をおこしている証拠で、眼精疲労や寝不足・ストレス・冷えなどの生活習慣から、糖尿病や肝臓病などの病気まで様々な原因が考えられます。
そして、隠れ貧血も青クマを作る原因になります。

隠れ貧血って一体なに?

一般的に行われている健康診断などの血液検査ではヘモグロビンの値を見る項目があり、ヘモグロビンの値が基準よりも下回っている場合に「貧血」として診断されます。

貧血にもいくつか種類がありますが、貧血患者のうち約7割が「鉄欠乏性貧血」と言われています。
鉄欠乏性貧血は血液中の鉄分が不足する貧血で、鉄欠乏性貧血になると目のクマ、顔色が悪い、疲れやすい、体がだるい、肌荒れやくすみ、体の冷えなどの様々な症状が出るようになります。

そして血液検査で貧血と診断されなくても鉄欠乏性貧血の症状が出るようになったら「隠れ貧血」の可能性があります。
隠れ貧血は「潜在性鉄欠乏症」とも言い、体内のフェリチンという貯蔵鉄が不足してる状態です。

フェリチンは肝臓や脾臓、心臓などの各臓器に存在しているタンパク質で、内部に鉄を蓄える事ができるという特徴があり、血液中の鉄分が不足した時にフェリチンが血液中に放出されて鉄分量を調節するという働きをします。

しかし、一般的に行われている血液検査ではフェリチンの値を見る項目が無いため、知らず知らずの内にかくれ貧血になってしまっていることも。
特に女性は毎月の生理や妊娠・出産、無理なダイエットなどで鉄分を失いやすく、鉄欠乏性貧血や隠れ貧血になりやすいと言われていますが、最近では男性も貧血の症状を訴える方が多いそうなので注意しましょう。

目のクマだけではなく「この症状は貧血では?」と感じたらフェリチン値を検査できる病院に行ってみるといいでしょう。

鉄分サプリを摂る上での注意点

貧血対策として多くの人が利用している鉄分サプリメントですが、摂取量や選び方について注意が必要です。

●1日の上限摂取量を守る
ビタミンやミネラルのサプリメントを摂取する際には1日の上限摂取量が決められていますが、鉄分にも当然上限摂取量があります。
鉄分の1日の上限摂取量は40mgとされていますので、これを超えないように注意しましょう。

鉄分サプリの過剰摂取では下痢や吐き気などの症状が報告されていますが、過剰摂取を繰り返すと体内に少しずつ鉄分が蓄積されていきます。
鉄が蓄積されると脳や肝臓、肺などの各臓器や血管に損傷を与え、最悪死に至る事もあります。

これはサプリメントの過剰摂取に限られ、通常の食事では鉄分を過剰摂取する事はないと言われています。

●ヘム鉄のサプリメントを選ぶ
鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類あり、ヘム鉄はレバーや赤身魚、青魚、貝類などの動物性食品に、非ヘム鉄はほうれん草や小松菜、ひじきや納豆などの野菜・海藻類にそれぞれ多く含まれています。

体への吸収率も違い、ヘム鉄は10~20%、非ヘム鉄は1~6%と、非ヘム鉄と比べてヘム鉄の方が体へ吸収しやすいのです。

実は非ヘム鉄のサプリメントを長期間摂取し続けると、たとえ過剰摂取をしていなくても鉄分が体に蓄積されてしまう場合あります。
しかし、ヘム鉄の場合、体への吸収率がいいだけではなく余分な鉄分も体外に排出してくれる働きがあるため、サプリメントで鉄分を補う場合は「ヘム鉄」と書かれたサプリメントを選びましょう。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑