*

目の青クマ解消する高温反復浴とは

目の青クマ対策

目の下の青クマを解消する方法として、下半身だけゆっくりと湯船につかる半身浴という入浴方法を紹介しましたが、高温反復浴という入浴方法もおススメです。

ぬるめのお湯に下半身だけゆっくりと入浴する半身浴に対して、高温反復浴は熱いお湯に肩までつかり出たり入ったりを繰り返す入浴方法です。
半身浴は最低でも20分湯船に入っていないと効果がありませんが、高温反復浴は合計20分で入浴できます。
お風呂にあまり時間をかけたくない人や、「熱いお風呂じゃないと入った気がしない」という人は高温反復浴をおススメします。

高温反復浴は半身浴と同じように血行促進効果があり目の下の青クマ対策に効果があります。
高温反復浴をした後はしばらくは汗が止まらないくらい体がぽかぽかし、高温反復浴を1回行うと大体200kcal消費すると言われていますが、これはジョギング30分に相当するそうです。
しかし、体に負担がかかる入浴方法なので自分の体と相談しながら、特に高血圧の方や妊婦さんは行わないようにしましょう。

では、高温反復浴の方法です。
お湯の温度を42度~43度に設定し、入浴する前にコップ1杯の水を飲みます。
たくさん汗を書くので入浴前に水分を取る事は大切です。

①かかり湯(1分)
熱いお湯に体を慣らすため、ぬるめのシャワーを全身に浴びます。
その後に浴槽の熱いお湯を足から上へと順番にかけていきます。

②入浴(3分)
肩までお湯がつかるように入浴します。

3、休憩(5分)
湯船から出て、休憩します。
この時に頭か体を洗うなどしましょう。

④入浴(3分)
肩までお湯がつかるように入浴します。

⑤休憩(5分)
湯船から出て、休憩します。
この時に頭か体を洗うなどしましょう。

⑥入浴(3分)
最後にもう一度、肩までお湯がつかるように入浴します。

合計20分で入浴終了です。
湯船につかっている時間は守るようにしましょう。
そしてお風呂から出たらコップ1杯の水で必ず水分補給をします。

半身浴とは違い、寝る前に行うと体が熱くて眠れないので、最低でも寝る1時間前くらいには入浴をすませるようにしましょう。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


  •  運営者:ささみ

     40代、主婦。
     数年前から厄介な目元のクマに悩まされています。
     クマ解消を目指し、色々な情報をお届けします。

PAGE TOP ↑