*

目の青クマはPC用メガネで予防

目の青クマ対策

目の下の青クマを予防するには、最近流行しているPC用メガネが役に立ちます。
PC用メガネはブルーライトをカットし目の疲れを軽減するとして各メーカーから次々と販売されています。

仕事や私生活などでパソコンやスマートフォンなどを使用する機会が増え、眼精疲労(目の疲れ)やドライアイに悩まされる人も多いと思います。
そして、眼精疲労の一つとしてあげられるのがパソコンやスマホの画面から発せられるブルーライトです。

ブルーライトは、可視光線の中でも波長が短く、最もエネルギーが強い青色光のことです。
ブルーライトは紫外線に最も近い性質を持つと言われていますが、紫外線と違うのは角膜や水晶体を透過して網膜まで到達し、長時間接した場合は網膜に障害を与える原因になる言われています。
また、ブルーライトは波長が短いために光が錯乱しやすく、目のピントのずれが発生します。
そのピントのずれを合わせるために調節を繰り返しているので目に負担がかかり、眼精疲労の原因になるのです。

眼精疲労は目の周りの血行不良を招き、血行不良は目の下の青クマを作る原因になります。
そのため、ブルーライトをカットしてくれるPC用メガネは眼精疲労を軽減し、目元の青クマ対策にも有効なのです。
ブルーライトのカット率は各メーカーにより違いますので、着け心地などを含めて色々と検討してみましょう。

また、目の周りの血行不良は、パソコンやスマートフォンに集中して目を酷使してしまうことでもおこります。
本来なら血液を流すポンプの役目をする筋肉が、目を酷使することで固まった状態になり、血液の流れが滞るからです。
そのため、パソコンやスマートフォンを長時間使用する場合は、時々休憩をしたり、目のストレッチを取り入れるなどをして、目の周りの筋肉を動かしてあげることも大切です。

目元の青クマは放置しておくと厄介な茶クマや黒クマに進行してしまう場合があります。
きちんと青クマ対策をして青クマを作らないようにし、できてしまった場合も早めに消すようにしましょう。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑