*

目の青クマと生理の関係

目の青クマ対策

目の下の青クマ生理になると出てくる人、またはもともと目元の青クマが気になっている方で生理になるともっと青クマが濃くなる人、も中にはいます。
青クマは目の周りの血行不良によってできますが、生理中というのは体が冷えやすく血行不良がおこりやすくなります。

生理中は出血を伴いますが、そのため女性は「鉄欠乏性貧血」という貧血になりやすい体質にあります。
鉄欠乏性貧血とは、血液の赤血球の中にあるタンパク質の一つ「ヘモグロビン」が少なくなってしまった時におこる貧血で、貧血が原因で血行不良になることもあるのです。

ヘモグロビンの合成には鉄分が必要になりますが、女性の場合は生理で経血が体外に排出される時に赤血球の中にある鉄分も一緒に排出しまいます。
鉄分が少なくなってしまうとヘモグロビンの合成もできなくなってしまいますし、特に経血の量が多い人は鉄欠乏性貧血になりやすいので注意が必要です。
「貧血には鉄分がいい」なんていう話をよく聞きますが、鉄分を補うことでヘモグロビンを合成させる事が目的なのです。

また、生理中に血行不良がおきやすい理由のもう一つが「基礎体温が低温期にはいる」からです。

女性には生理から次の生理までを繰り返す性周期と呼ばれるものがあります。
性周期は約1ヶ月の間に「月経→卵胞期→排卵→黄体期→月経」という流れがあり、このサイクルにより女性の体の基礎体温が変化をします。

基礎体温には、体温が高い「高温期」と体温が低い「低温期」があり、これを「2相性」と言いますが、生理初日から排卵日までが低温期にあたり、排卵日翌日より基礎体温が上がりはじめて高温期になります。
そして高温期だった基礎体温が生理初日になるとガクっと下がります。

基礎体温は専用の基礎体温計(婦人体温計)を使用しないと正確に測ることができないほど微妙なものですが、生理初日には低温期に入るため血行不良や体の冷えを強く感じる人も少なくありません。

特に生理中は、冷たいもをとりすぎたり薄着をして体を冷やしたりすると、目の下の青クマだけではなく生理痛にも悩まされることになります。
生理中は下半身を温めてあげると青クマや生理痛対策になりますよ。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑