*

目の青クマをスプーンで解消!簡単温冷スプーンケアの方法

目の青クマ対策

朝起きて目の下にどんより青黒いクマがあると、疲れたり老けて見られる印象を与え、心もどんよりと憂鬱な気分になりませんか?

青クマの原因は疲れ目や寝不足やストレスなど人により様々ですが、目元が血行不良をおこしている証拠です。
血行不良は温めてあげることで血行を促進することができるので、青クマも目元を温めてあげることが一番の解消方法になります。
ホットパックグッズを使用したり、自分で蒸しタオルを作って目をじんわりと温めてあげるのも気持ちがよくておススメですが「朝からそんな時間ない!」という人のために簡単にできる温冷スプーンケアを紹介します。

温冷とはその名の通り「温める」「冷やす」を交互に行うこと。
血管の拡張・収縮を繰り返すので、ただ温めるだけより効果的なのです。
 
用意するのはカレー用のような緩やかなカープのある大き目なスプーン2本とコップを2つ。
コップに40度程度お湯を注ぎ、スプーンを1本入れて温めておきます(熱すぎると火傷の危険がありますので、注意して下さい)
もう1つのコップには氷水を入れてスプーンを冷やしておきます。

タオルなどで水分を拭いて、温かいスプーンと冷たいスプーンを5秒ぐらいずつ交互に、スプーンの裏を目に優しく押し当てます。
これを数回繰り返すだけで、青クマをすっきりと消すことができます。

ただし、これは一時的な解決方法なので、青クマを解消したいのなら青クマを作ってしまう生活を改善しましょう。
血行不良型の青クマは比較的簡単に解消できますが、そのままほおっておくと厄介な茶クマ・黒クマを作ってしまう可能性もあるので消すのが大変になりますよ。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


  •  運営者:ささみ

     40代、主婦。
     数年前から厄介な目元のクマに悩まされています。
     クマ解消を目指し、色々な情報をお届けします。

PAGE TOP ↑