*

目の茶クマを作らないクレンジング方法

目の茶クマ対策

目の下の茶クマ色素沈着によってできますが、色素沈着がおこる原因の一つが「正しいクレンジングができていないこと」です。

色素沈着は皮膚の摩擦によっておこります。
女性の場合はアイメイクをする人が多いので、アイメイクをクレンジングで落とす時にゴシゴシとこすってしまうことで色素沈着の茶クマを作ってしまう場合もあるのです。
目元の茶クマを作らないためには、自分に合ったクレンジングで優しくアイメイクを落としてあげることがポイントです。
まず、バッチリとアイメイクしている人は顔のメイクとは別にアイメイクを先に落としてあげましょう。
目の周りの皮膚はとても薄いので、顔のクレンジングと一緒に落としてしまうと負担になってしまいます。

つけまつ毛をしている場合は、つけまつ毛を取ります。
コットンにアイメイク専用のリムーバーをたっぷりと含ませて目の上に置き、数秒置きメイクをなじませた後に優しくふき取り、洗顔します。
リムーバーに抵抗がある方は、ホホバオイルやスイートアーモンドなどのキャリアオイルを使うのもおススメです。
よく「オイルクレンジングは肌によくない」という言葉を耳にしますが、これはクレンジング剤の中に合成界面活性剤がたくさん入っているため肌を乾燥させてしまうから。
無添加のキャリアオイルはクレンジングオイルの様に肌に負担がかかりません。

しかし、リムーバーでもキャリアオイルでも自分の肌に合ったものを使うようにしましょう。
お肌に合わないのに無理やり使用していると肌トラブルの原因になってしまいます。

また、アイメイクをしているからと言って必ずクレンジングをしなければいけないというわけではありません。
アイメイクの中には石けん(洗顔料)だけで落ちるものもありますので、わざわざクレンジングをしてお肌に負担をかける必要もありません。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑