*

目の茶クマの原因は「色素沈着」

目の茶クマ対策

目の下のクマにもいくつか種類がありますが、目の下の皮膚を引っ張ってみてクマが一緒に動くようなら「茶クマ」です。
そして、目元に茶クマができるのは色素沈着が原因です。
色素沈着とはメラニン色素が皮膚に残ってしまっている状態でシミの一種です。

このように、「メラニン色素=シミを作る」ということで悪者に思われるかもしれませんが、メラニン色素は外部の刺激から肌を守ってくれる働きがあります。
夏には日焼けをして肌が黒くなりますが、これはメラニン色素の働きによるもので、表皮にあるメラニン色素が紫外線を吸収し紫外線が皮膚の奥まで入り込むのを防いでくれます。

通常人間の肌はターンオーバー(新陳代謝)というものを繰り返します。
古い皮膚が新しい皮膚に入れ替わり、古い皮膚は最終的に垢になって剥がれ落ちます。
メラニン色素を含んだ皮膚が垢になって剥がれ落ちるため、日焼けをしても肌はだんだんと白く戻っていくのです。

しかし、メラニン色素が過剰に生成されたり、ターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素が肌に残ってしまい色素沈着してしまいます。

メラニン色素は紫外線に限らず、摩擦などの外部の刺激から肌を守る働きがありますが、目元の場合は時に
・無意識に目をこすってしまう
・アイメイクをゴシゴシと落とす
等の摩擦を与えてしまうことで、肌の防御機能が働き、メラニン色素が過剰に生成されます。
そして、目をこする等の摩擦や紫外線に加え、加齢、ストレス、寝不足、血行不良等が原因でターンオーバーが乱れ、色素沈着をおこして「茶クマ」ができてしまうのです。

目の周りの皮膚は薄くとてもデリケートな部分なので、優しく扱って上げる事が大切なのです。
また、合わない化粧品を使い続けていたり、目元のUVケアを忘れてしまうことも茶クマの原因ですので、気をつけましょう。

茶クマが出来てしまった場合は、これ以上刺激を与えないように注意し、美白スキンケアを使用することで改善されます。
また、生活を見直しターンオーバーを促すことも重要です。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑