*

目の茶クマをピーリングで解消

目の茶クマ対策

目の下の茶クマを解消するには、定期的にピーリングをしてみましょう。

まず、ピーリングには古い角質を取り除き、新しい皮膚の再生を促す効果があります。
と言っても皮膚を無理矢理はがすということではありません。
皮膚の新しい細胞が古い細胞を押し上げて古い細胞は角質となって剥がれ落ちていく機能のことをターンオーバーと言い、ターンオーバーは28日周期で行われています。
しかし、様々な理由でターンオーバーが乱れてしまうと、お肌にシミやくすみ、シワなどを作る原因になってしまいます。
そして、目元に茶クマができる原因がまさしくこのターンオーバーの乱れが原因になります。
無意識に目をこすってしまったり、アイメイクを落とす摩擦などの理由でターンオーバーが乱れ、メラニン色素がきちんと排出されずに色素沈着をおこして茶クマとなって現れるのです。

そのため、ピーリングをして古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促すことは茶クマ対策としてもおススメです。

ピーリングによくつかわれるものとしては、AHA(アルファヒドロキシアシッド)とBHA(ベーターハイドロキシアシッド)の2種類があります。
AHAはフルーツ酸を利用したもので、リンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸、酒石酸などがあり、
BHAはサルチル酸を使用したもので、サリチル酸マクロゴール、サリチル酸エタノールがあります。
現在の日本ではAHAを使用したピーリングが主流で、ドラックストアや通販でも自宅で簡単にできる石鹸やローション、ジェルなど様々なピーリングコスメが販売されていますが、目元の皮膚はとてもデリケートなので、濃度が薄くて目元にも使用できるものを選びましょう。

また、実はヨーグルトの上ずみのホエイにもマイルドはピーリング効果があることはご存じでしょうか?
ホエイをコットンに浸してパックをして洗い流すと、ピーリング効果でお肌がツルツルになると言われています。

ピーリングをする上の注意点としては、ピーリングは毎日行うと逆効果になりますので多くても週に2回まで。
そして、ピーリングの後はいつも以上にしっかりと保湿をすることが大切です。
もちろんピーリングがお肌に合わない場合もあり(ヨーグルトも市販品も)、無理をして使用してしまうと逆に茶クマなど肌トラブルをつくる原因にもなってしまうので注意しましょう。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑