*

目の茶クマの解消はターンオーバーを整えることが大切

目の茶クマ対策

目の下の茶クマの解消は、ターンオーバーをきちんと整えてあげることが大切です。
ターンオーバーとは皮膚の新しい細胞が古い細胞を押し上げて古い細胞は角質となって剥がれ落ちていく機能のことで、ターンオーバーが正常に働く事が美肌を作る鍵と言われています。

目元の茶クマは色素沈着と呼ばれるシミの一種で、メラニン色素が皮膚に残ってしまっている状態です。
色素沈着ができる主な原因は肌ダメージにより、ターンオーバーが乱れてしまう事が原因ですが、たとえ色素沈着ができてしまってもターンオーバーを整えてあげれば色素沈着は自然と排出し、茶クマを解消する事ができます。

ターンオーバーは28日で肌の細胞が入れ替わると言われていますが、これは20代の話で年齢と共にターンオーバーのサイクルはだんだんと長くなっていきます。
しかし、生活習慣などの乱れもターンオーバーを乱す原因にもなりますので、規則正しい生活を心がけ、ターンオーバーを整えてあげましょう。

◆質の良い睡眠をとる
「お肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがありませんか?
これは、夜10時~深夜2時までの事を言い、この時間帯に熟睡する事によりターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されると言われています。
しかし、最近では夜10時~深夜2時にこだわる必要もなく、眠りに入ってから3時間をぐっすりと眠るように努力することが望ましいとも言われるようになりました。
睡眠中はレム睡眠という浅い眠りと、ノンレム睡眠という深い眠りが一晩のうちに交互に4~5回繰り返していますが、成長ホルモンはノンレム睡眠の時に多く分泌されます。
寝始めてから3時間は深い眠りであるノンレム睡眠が占める割合が高くなっていて、この時間をぐっすりと眠ることでターンオーバーを促進させることができるのです。

ぐっすりと寝る質の良い睡眠をとるには下記の事を気をつけましょう。
・寝る前にスマホやパソコン、テレビを見ない
・食事は寝るに2時間前に済ませる
・夜9時を過ぎたらキャンドルや間接照明など優しい光に切り替える
・ぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、目を温めたりとリラックスタイムを作る
・夜更かしをしてしまっても起床時間は一定にする

◆汗をかくようにする
基礎代謝が悪いとターンオーバーも鈍くなってしまいます。
運動をしたり、お風呂でたくさん汗をかくなどをして基礎代謝を上げましょう。
水を飲むことで汗が出やすくなるので、運動・お風呂の前には必ず水を飲むようにしましょう。

◆ストレス、疲れなどをためないようにする
ストレスや疲れは血行不良を引き起こします。
血行不良はターンオーバーが乱れる原因の一つですので、ストレス、疲れなどをためない生活を心がけましょう。
ちなみに寝不足も血行不良を引き起こすと言われています。
また、冷え性=血行不良なので、冷え性の自覚のある方はなるべく改善することが大切です。

◆バランスの良い食事をする
ターンオーバーを促すには各種ビタミンなどの栄養素が欠かせません。
偏った食事はやめてバランスの良い食事をしましょう。

ターンオーバーを整えてあげることは目の下の茶クマだけではなく、色々な肌トラブルの解消になります。
ターンオーバーを整えて、いつまでも綺麗な肌でいたいものですね。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


  •  運営者:ささみ

     40代、主婦。
     数年前から厄介な目元のクマに悩まされています。
     クマ解消を目指し、色々な情報をお届けします。

PAGE TOP ↑