*

目の茶クマを解消するにはビタミンC誘導体とアルブチンどちらがいいの?

目の茶クマ対策

目の下の茶クマは紫外線や肌ダメージなどでできてしまう「色素沈着」と呼ばれるもので肌にメラニン色素が残ってしまっている状態です。
色素沈着はシミの一種なので、普通に出来てしまったシミと同じように美白化粧品でケアをするのが効果的です。

化粧品に使用される美白成分にも色々なものがありますが、有名なものとしてはビタミンC誘導体アルブチンがあります。
目元の茶クマを含めてシミやそばかす、くすみなど「美白をするにはどちらがいいの?」と迷われる方も多いかと思います。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンCには、メラニン色素が生成されるのに不可欠と言われる酵素チロシナーゼの働きを抑え、メラニン色素の生成を防ぐ働きがあります。
また、すでにできてしまったメラニン色素を薄くする還元作用もあり、シミを作らない上にシミを消すことができます。
ビタミンCは空気に触れると壊れてしまうこと、肌の角質層のバリアを突破できず浸透しないという性質があり、これを肌に浸透するように改良されたものがビタミンC誘導体です。
(ビタミンC誘導体にも水溶性と油溶性の2タイプがあります。詳しくは「目元の茶クマ改善にはビタミンC」を。)

アルブチンの効果

アルブチンはハイドロキノン誘導体とも言われ、天然由来の「β‐アルブチン」と、ハイドロキノンとブドウ糖を結合して作られた「α‐アルブチン」の2種類があります。
ハイドロキノンとは「肌の漂白剤」と呼ばれているくらい美白効果が高い成分ですが、その分刺激も強く、副作用が出やすいとも言われています。
肌荒れや赤み、かゆみなどの肌ダメージやだけではなく、高濃度のハイドロキノンを繰り返し使用することにより肌が白く抜けてしまう白斑などがおこる可能性もあります。(低濃度のハイドロキノンでも長期間使うと白斑になることもあるようです)
しかし、アルブチンは、安定性と安全性が高く、副作用もほとんど報告されていません。

アルブチンは酵素チロシナーゼの働きを抑え、メラニン色素の生成を防ぐ働きがあることから美白作用があるとして昔から化粧品に使用されてきましたが、最近ではα‐アルブチンのほうがβ‐アルブチンよりも10倍以上の美白効果があることがあることがわかりました。
そして、β‐アルブチンと比べてα‐アルブチンは刺激が少ないのでお肌の弱い人でも安心して使用する事ができます。

ビタミンC誘導体とアルブチンどっちが有効?

では目の茶クマや顔のシミを消すにはビタミンC誘導体とアルブチンのどちらが有効なのでしょうか。

実はアルブチンはビタミンC誘導体と同じようにメラニン色素の生成を防ぐ働きがあるものの、メラニン色素を薄くする還元作用はないため、すでにできてしまったシミ(茶クマ)に対しては効果がありません。
しかし、メラニンの過剰発生やターンオーバーの乱れが続いてしまうと、時間がたっても茶クマがそのまま残ってしまったり濃くなってしまうこともあります。
そのため、アルブチンを使用してこれ以上茶クマが濃くならないようにし、ターンオーバーを整えて茶クマを薄くするというのも有効です。

一方、すでにできてしまったシミ(茶クマ)にはビタミンC誘導体が有効ですが、3%以上の濃度が無いと効果があまりないと言われています。
一般の化粧品に配合されているのは1~2%なので、美白化粧品はビタミンC誘導体が3%以上配合されているものを選びましょう。

また、アルブチンとビタミンC誘導体は一緒に使用することによってより効果が増すと言われていますので、単体で使用するよりも2つの成分が配合された化粧品を使用することで美白効果が高くなります。

もちろん、茶クマを消すことだけではなく作らないことも大切です。
美白化粧品でケアをすると共に、しっかりとしたUV対策や摩擦を与えない、ターンオーバーを整えるなどの対策を行うことも重要です。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑