*

目の下が赤いのはクマ?「赤クマ」の原因と対処法

目のクマの知識

目元のクマは大きく分けると「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3タイプありますが、実は「赤クマ」と呼ばれるクマも存在します。
目の下が赤く、腫れているように見えるクマです。
他のクマに比べて軽度のクマですが、ほおっておくと他のクマに進行してしまうので赤クマが出来てしまったら早めに対処するようにしましょう。

まず、赤クマの原因ですが、青クマと同じように眼精疲労(目の疲れ)による血行不良が原因と言われています。
パソコンやスマートフォンが普及している今、眼精疲労は現代病の一つとされていますが、眼精疲労は血行不良をおこし赤クマや青クマを作ってしまう原因になりますので、適度に休憩を入れたりマッサージするなどをして目を酷使しないように気をつけましょう。
赤クマが出来てしまった場合は青クマが出来てしまった場合と同様に血行不良を改善することが大切ですので、蒸しタオルや目のツボを押すなどをして目の周りの血行を促し、赤クマを解消しましょう。

また、赤クマは目の下の毛細血管に小さな血栓ができることででる場合もあります。
その場合は、ビタミンK入りの化粧品を使用するのが効果的です。
ビタミンKは小さな血栓を溶かして血行促進をする効果がありますが、皮膚に塗布した場合とサプリメントなどで服用する場合では効果が違いますので、赤クマを消したい場合はサプリメントなどを服用するのではなくビタミンK入りの化粧品を使用するようにしましょう。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑