*

目のクマは遺伝するの?

目のクマの知識

目の下にクマができる原因は色々とありますが、遺伝が関係していることもあるようです。
目元にできるクマは「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」と3種類あり、それぞれ血行不良や肌ダメージ・加齢などが原因ですが、肌の薄さや弱さ、骨格などもクマができる要素になるからです。

たとえば、目の下にできる青クマは血行不良が原因ですが、血行不良がおきると血液の中にあるヘモグロビンが暗赤色に変化し、これが目の下の皮膚を通して「青クマ」として見えてしまいます。
もともと、目の下の皮膚は体の中で一番薄いのですが、遺伝より皮膚の厚さや薄さはもちろん違ってきます。
皮膚が薄いとそれだけ青クマは目立ってしまいます。
また、腎臓や肝臓などが弱っていると青クマがでることもありますが、遺伝的に内臓が弱い人もいますよね。

そして、目元の茶クマや黒クマも遺伝によってできることもあります。
茶クマの場合、肌ダメージなどが原因ですが、たとえばアトピー体質の方は茶クマに悩まされる人が多いようです。
アトピーは、両親がアトピーだった場合は50%、片親がアトピーだった場合は30%遺伝する可能性があるといわれています。

黒クマの場合は加齢や眼精疲労など理由で眼の周りの筋肉が弱ってしまうことが原因ですが、実は目が大きい人や頬骨がはっている人は目元がたるみやすい傾向にあるようです。
目の大きさや頬骨などは骨格で決まってますが、骨格も遺伝的なものです。

このように、目元のクマが遺伝的要素があることがわかりましたでしょうか?
しかし、目元のクマはもちろん遺伝だけではなく普段の生活習慣が原因になっていることも多いので、遺伝だからと言ってあきらめず、それぞれのクマ対策をしてすっきりとした目元を目指しましょう。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑