*

目のクマと同じく老け顔の原因になる上まぶたのくぼみ。対策方法は?

目のクマの知識

目のクマと同じく、老け顔の原因になる上まぶたくぼみ
この2つの症状は単体でも厄介なのにセットであらわれる場合もあり、そうすると「老け顔」に拍車がかかるため悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

上まぶたと下まぶた(目の下のクマ)、症状がでる部分は違いますが、実は根本的な原因は同じです。

まず、目のクマについて。
目のクマにもいくつか種類がありますが、老け顔に見られてしまうのが加齢と共にできやすい「黒クマ」と呼ばれるものです。
黒クマにも目元の「たるみ」「むくみ」「ちりめんジワ」とという原因があるのですが、上まぶたにも影響が出やすいのが目元の「たるみ」です。
たるみは、目の周りにある眼輪筋という筋肉が年齢などが原因で弱くなってしまい、眼球を支え切れなくなり、眼球の重みで目の周りにある眼窩脂肪が圧迫されて前に押し出された状態です。
年齢を重ねると、肌にハリや弾力が無くなり押し出された脂肪を支えられなくなる、というのも1つの原因になります。

そして上まぶたのくぼみも
・目の周りの眼輪筋が衰え、眼球の重みで目の周りにある眼窩脂肪が圧迫される。
 その影響で、上まぶた部分の眼窩脂肪は後ろに落ち込む。
・さらに肌にハリや弾力がなくなり、その部分がくぼむ
ことが大きな原因になります。
特にやせ形の人は皮下脂肪が少ないので、上まぶたのくぼみができやすくなります。

眼輪筋が衰えてしまうと、上まぶたのくぼみや目のクマだけではなく、おでこのシワの原因にもなります。
これは瞬きをするときに眼輪筋ではなく、おでこの筋肉(前頭筋)を使ってしまっているためで、目をぱっちり開けた時におでこに横ジワができる人は注意しましょう。
「上まぶたのくぼみ」「目元のクマ」「おでこのシワ」3セットが出てしまうとますます悩みの種になってしまいますね。
こうならないためにも、眼輪筋を衰えさせない事は重要なのです。

上まぶたのくぼみは「眼輪筋トレーニング」「表情筋トレーニング」「目の周りの保湿」で解消する事ができます。
目元の黒クマを解消するのと同様ですので、それぞれの記事を参考にして下さい。

目の黒クマのたるみを解消する眼輪筋トレーニング

目の黒クマは頬のたるみも原因!たるみ改善には表情筋トレーニング

目の黒クマ解消は保湿対策をしっかりとする事が大切

また、目の周りの血行不良を改善することも大切です。
スマホやパソコンで目を酷使したり、睡眠不足やストレスは血行不良をおこし、上まぶたのくぼみや目の下のクマの原因になります。
適度に目を休め、間違った生活習慣を改善するように心がけましょう。
目を温めるホットパックを使用するのもおススメですよ。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑