目の下のクマを今すぐ消したい!3つのクマをメイクで隠す方法

目の下にクマができてしまった場合は、本来ならそれぞれのクマに適した方法で解消することが望ましいのですが「どうしても今すぐに目の下のクマを消したい」という場合はメイクで隠してしまいましょう。

目のクマのタイプには「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」と3種類あり、それぞれ方法が違いますので注意してくださいね。

【タイプ別】3つのクマをメイクで隠す方法

青クマをメイクで隠す

目の下がどんよりと青黒く疲れた印象を与えてしまう青クマ。体の冷えや寝不足などで血行不良をおこすと、血液の色が暗赤色と変化するため、目の下の薄い皮膚を通して黒ずんだように見えてしまう事が青クマの原因になります。

青クマをメイクで隠すには、オレンジ色のコンシーラーを使用します。コンシーラーは目元用コンシーラーかリキッドタイプのコンシーラーで、自分の肌よりも少し暗めの色を選びましょう。厚く塗りすぎず、少量を軽く叩く感じで伸ばしていきます。

茶クマを隠すメイク方法

茶クマの原因は色素沈着と言うシミの一種で、皮膚にメラニン色素が残ってしまっている状態です。目元のUVケアを怠ったり、「無意識に目をこする」「アイメイクをゴシゴシ落とす」等の摩擦が原因でターンオーバーが乱れてしまったために茶クマができてしまいます。

茶クマをメイクで隠すにはイエロー系のコンシーラーを使用します。コンシーラーは目元用コンシーラーかリキッドタイプのコンシーラーで、自分の肌よりも少し暗めの色、少量を軽く叩いて伸ばしていきます。

黒クマを隠すメイク方法

目元の黒クマは「加齢型のクマ」とも呼ばれていて、年齢とともに出やすいクマ。しかし、最近ではスマートフォンの普及により若い人でも黒クマに悩まされる方もいます。

目の周りの筋肉の衰えや肌に弾力がなくなり、目元のたるみを支えられなくなるのが原因です。青クマや茶クマと違い、肌のたるみが原因なのでメイクで隠すのはなかなか難しいですが、目立たなくすることは可能です。

黒クマをメイクで隠すにはパール系のコンシーラーがおススメ。コンシーラー少量を軽く叩いて伸ばしましょう。黒クマは目元のたるみが影になって見えているため、パール系のコンシーラーを使用する事により、光の反射で目立たなくなります。

また、目元全体をワンランク明るいファンデーションで塗り、さらにハイライトを入れるという方法もあります。

目元のクマ隠しのメイクがシワの原因になる!対策は?

メイクで目元のクマを隠したつもりが「逆にシワができて目立ってしまう!」と言った経験はないでしょうか?

まず、メイクをする前に目元をしっかりと保湿しましょう。おススメは朝にも使用できる目元専用のアイクリームです。メイク前にアイクリームを薄く塗ることにより目元がしっかりと保湿されてメイクが崩れにくくなります。

また、目元は基本的にはコンシーラーだけ、又はファンデーションだけでOK。

目元は動きが激しい上に皮膚も薄く乾燥しやすい部分なので、コンシーラーとファンデーションを重ね塗りしてしまうことで、ヨレたり、シワを作ってしまう原因になります。コンシーラーをつけたら、仕上げにフェイスパウダーで軽く押さえてあげましょう。

もちろん目の下のクマはメイクだけでは完璧に消すことはできません。それぞれのクマの解消法を参考にし、根本的に解決をして目元すっきりを目指しましょう。

また、目の下のクマには比較的軽度な「赤クマ」というタイプもあります。赤クマをメイクで隠す方法は↓こちらをご覧ください。

目元のクマは大きく分けると「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3タイプありますが、実は「赤クマ」と呼ばれるクマも存在します。目の下が赤く、腫れて...
スポンサーリンク
スポンサーリンク