*

目のクマが妊娠中にできやすくなる理由

目のクマの知識

目の下のクマ妊娠するとできやすくなるようです。
妊娠中にできやすいクマは「青クマ」と「茶クマ」で、実際、妊娠中の目元のクマに悩んでいる妊婦さんも多くいます。
そして妊娠中は目元のクマだけではなく肌のくすみやシミ、乾燥肌などの肌トラブルがでてくるようにもなりますが、実は目元のクマも肌トラブルも原因は同じです。

妊娠中に「青クマ」ができやすくなる理由

青クマの原因は血行不良によるもの。
血行不良がおきると血の色が黒赤色に変化してしまうため、それが目元の薄い皮膚を通してみえることにより青クマとなります。
妊娠中というのはホルモンバランスが崩れやすい時期ですが、実はホルモンバランスの崩れは血行不良を引き起こすと言われています。
ホルモンの分泌は脳の視床下部でコントロールしていますが、視床下部は同時に自律神経もコントロールしているので、ホルモンバランスが崩れると影響されて自律神経のバランスも乱れてしまいます。
自律神経の乱れは血行不良を引き起こし、青クマができる原因を作ってしまうのです。

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんに鉄分を取られてしまうため鉄欠乏性貧血という貧血になりやすくなります。
鉄欠乏性貧血は、鉄分が少なくなると赤血球の中にあるタンパク質であるヘモグロビンが減少してしまい、体の各組織が酸欠状態になってしまうことです。
鉄欠乏性貧血は、血行不良やめまい、息切れや耳鳴りなどの症状があり、妊婦の3~4割はこの鉄欠乏性貧血になりやすいと言われています。

そして、血行不良は乾燥肌や敏感肌の原因にもなります。

妊娠中に「茶クマ」ができやすくなる理由

茶クマは色素沈着というシミの一種で、メラニン色素が皮膚に残ってしまっている状態です。
妊娠中はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増加しますが、この2つのホルモンがメラノサイトというメラニン色素を生成する細胞を刺激してしまい、メラニン色素が増加し色素沈着をおこしやすくしてしまいます。
そのため妊娠中は色素沈着の茶クマに悩む人もでてくるのです。
また、茶クマだけではなく顔のシミやくすみ、乳首や脇の下の黒ずみなどが出てくるようになります。
出産後はエストロゲンとプロゲステロンも減少してしまうので、色素沈着もだんだん元に戻ると言われています。

妊娠中は血行不良や色素沈着が起こりやすいので、目の下に青クマや茶クマができてしまうのは仕方がないかもしれません。
しかし、青クマの原因にもなる妊娠中の貧血や血行不良はママの体だけではなく赤ちゃんにも影響を与えてしまいますので、なるべく予防する事を心がけましょう。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


  •  運営者:ささみ

     40代、主婦。
     数年前から厄介な目元のクマに悩まされています。
     クマ解消を目指し、色々な情報をお届けします。

PAGE TOP ↑