目のクマのタイプは3種類!クマの種類と見分け方

目のクマで悩んでいる人は多いと思いますが、クマのタイプも1つではなく、何種類かあるのは知っていますか?目の下にできるクマは大きく分けて3種類あり、原因はもちろんのこと対策も違ってきます。

目のクマの種類

● 青クマ
目元が青黒く見えるクマ。
目元のクマの中でも一番多いのがこのタイプで、寝不足やストレス、目の疲れなどで目元が血行不良をおこしていることが原因。

● 茶クマ
目元が茶色っぽくなるクマ。
アイメイクを落とす、目をこするなどの摩擦や紫外線で色素沈着(シミの一種)が原因。

● 黒クマ
目元のむくみやたるみ、ちりめんジワが影になることで黒っぽく見えるクマ。
「影クマ」や「たるみクマ」とも呼ばれ、年齢を重ねた人にできやすいクマですが、スマートフォンなどの普及により最近では若い人でも黒クマに悩む人が増えています。

目のクマの見分け方

目のクマにもタイプがあるのはわかったけど、自分がどのタイプかわからないという方には簡単な見分け方があります。

● 目尻を軽く引っ張ってみて、クマの色が薄くなれば「青クマ」

● 目尻を軽く引っ張ってみて、クマの色が変わらない(クマが一緒に動く)場合は「茶クマ」

● 手鏡を持って上を向いたときにクマの色が薄くなったら「黒クマ」

自分のクマのタイプがわかりましたか?もちろん、クマができるのは必ず1種類というわけではなく、「青クマ+黒クマ」など複数の種類のクマが同時にできている場合もあります。

目の下にクマがあるとどうしても「お疲れモード」や「老けた印象」を与えてしまいますよね。クマの解消方法はカテゴリー別に分かれていますので、クマのタイプにあった対策をして、スッキリとした目元を目指しましょう。

また目の下のクマにはもう一つ「赤クマ」と呼ばれるものも存在します。こちらは他のクマと比べて軽度のクマですが、ほおっておくと青クマや黒クマに変化してしまうため早めの対処が必要です。

目元のクマは大きく分けると「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3タイプありますが、実は「赤クマ」と呼ばれるクマも存在します。目の下が赤く、腫れて...
スポンサーリンク
スポンサーリンク