*

目の下の3つタイプのクマを解消!ヴァージンココナッツオイルの効果とは

目のクマ解消コスメ

美容と健康に効果があると言われているヴァージンココナッツオイルをご存じでしょうか。
食べてよし!塗ってよし!と人気のココナッツオイルですが、もちろん目の下のクマを解消するのにも有効です。

ココナッツオイルとは

ココナッツオイルとは、ココヤシという木の果実(ココナッツ)の種子内部の「胚乳」から抽出したヤシ油の事です。

ココナッツオイルの主成分は飽和脂肪酸です。
飽和脂肪酸というと酸化しにくいという特徴がありますが、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪を増やすと言われています。
しかし、ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸は中鎖脂肪酸という脂肪酸です。
一般的な食用油はほとんどが長鎖脂肪酸なのですが、長鎖脂肪酸は体内に入るとゆっくりと吸収され、必要に応じてその都度分解され、余った分は体脂肪として蓄積され、メタボなどの原因になります。
一方で、中鎖脂肪酸は吸収が早く、短時間でエネルギーに分解されるため、脂肪になりにくく、さらにすでに体に溜まっている脂肪も一緒に燃焼しやすなると言われています。
そのため、ココナッツオイルは健康維持やダイエットに効果があると言われているのです。

そして、ココナッツオイルはラウリン酸やビタミンEも豊富に含まれています。
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸のうち、約50%がラウリン酸です。
ラウリン酸は母乳にも含まれる成分で、免疫力を高める効果や抗菌作用、抗酸化作用があります。
ビタミンEは「若返りのビタミン」とも言われ、強い抗酸化作用と血行促進効果があります。

抗酸化作用とは、老化の原因になる活性酸素のダメージをブロックする作用の事です。
活性酸素は老化だけではなく動脈硬化や癌などの多くの疾患、そしてシミやシワ等の肌の老化ももたらします。

しかし、ココナッツオイルを肌に塗るとラウリン酸やビタミンEが効果を発揮し、シミやシワ、くすみ、ニキビ、乾燥肌などの肌トラブルを予防したり改善する効果があります。
また、ココナッツオイルは紫外線を約20%カットする働きもあり、お肌をいたわりながら紫外線から肌を守ります。

ココナッツオイルが「食べてよし!塗ってよし!」と言われる理由がわかりましたでしょうか。

目の下のクマの解消にもココナッツオイルが有効!

まず、目の下のクマには、大きく分けて下記の3タイプあります。
・血行不良が原因で目元が青黒くなる「青クマ」
・メラニンが肌に残っていて色素沈着(シミの一種)が原因で目元が茶色くなる「茶クマ」
・目の周りの筋肉の衰えと肌の弾力不足が原因で、目元がぷっくりとふくれて影ができる「黒クマ」
 (目元のちりめんジワが黒クマに見える場合もあります)

先にも述べたように、ココナッツオイルに含まれるビタミンEは血行を促進する作用があり、口からだけではなく皮膚から吸収されるので肌に塗ることでも効果があります。
それぞれクマができる原因は違いますが、血行不良型の青クマだけではなく、茶クマも黒クマも血行促進してあげる事がクマの解消につながります。
血液はお肌に酸素や栄養を運んでくるため、血行を促進してあげることでターンオーバーを正常化して茶クマのシミ、黒クマのたるみ、などを改善するからです。
また、抗酸化作用も肌のシミやたるみを予防・改善します。

特に黒クマの場合、肌のたるみだけではなく、目の周りの筋肉の衰えや表情筋の衰えも原因になるので、これらの改善も必要ですが、ココナッツオイルが目のクマを解消する手助けをしてくれます。
(黒クマ解消方法は目の黒クマ対策をご覧ください)

ココナッツオイルの選び方

一口にココナッツオイルといっても、抽出方法にも「低温圧搾法」「乾燥圧搾法」等があり、栄養などが違ってきます。

健康や美容を気にするなら、低温圧搾法(コールドプレス)がおススメです。
低温圧搾法とは、新鮮な生のココナッツを熱を加えず低温(40℃以下)で圧搾する方法です。
圧搾した液体にはオイル・ミルク・水分が混ざっているため、オイル分のみを取出す方法として「遠心分離法」「発酵分離法」に分けられます。
遠心分離法は液体を遠心分離器にかけてオイルを取出す方法で、短時間で効率よくオイル分を取出す事ができますが、ミルク分や水分が残りやすいため栄養素が薄く、劣化しやすいというデメリットがあります。
一方、発酵分離法は純粋にオイル分のみを取出す方法で、時間はかかりますが、水分量を抑えているので栄養価が高く濃厚なココナッツオイルを作る事ができます。

一般的には、低温圧搾法で作られたものを「ヴァージンココナッツオイル」、ヴァージンココナッツオイルの中でも香りや油の品質が良いものを「エクストラヴァージンココナッツオイル」と呼んでいますが、日本では特に規定が無いのが現状で、加熱して作られたものでも会社によっては「ヴァージンココナッツオイル」と呼ぶ事もあるようです。
そのため、ココナッツオイルを購入する際はラベルをしっかりと確認し、「低温圧搾法(コールドプレス)」と書かれたものでさらに「発酵分離法」のものがより品質のいいココナッツオイルになります。

また、ココナッツオイルにも「食用」「化粧用」と分かれていますので、肌に使用する場合はなるべく「化粧用」と書かれたものを使用しましょう。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑