*

目の黒クマには「唾液」が効く!?唾液の分泌を良くする方法

目の黒クマ対策

目の下の黒クマを解消するには唾液の分泌をよくしてあげましょう。
黒クマは、目元のむくみやたるみを肌が支えきれなくなり、むくみやたるみが影となってできる「加齢型のクマ」と呼ばれるもの。
そこに頬のたるみが加わるとさらに強調してクマが目立ってしまう場合もあります。
そのため、目元のむくみやたるみのケアだけではなく、肌のハリを回復させてあげることも大切です。
そこで、必要なのが「唾液」なのです。

なぜ、唾液と肌のハリが関係しているかと言いますと、唾液には「パロチン」という成分が含まれているからです。
耳下腺から分泌されるパロチンは若返りのホルモンと言われ、体の細胞の代謝を活発にして、骨や歯、内臓や筋肉などを丈夫にすると言われています。
そして、肌に対しても例外ではなく、パロチンが肌にハリを与え、若々しくしてくれるのです。

しかし、唾液の分泌量は25歳を過ぎると加齢と共にどんどん減っていくため、自分で唾液の分泌よくしないといけません。
唾液の分泌をよくするには、いくつか方法があります。

◆食事をする時によく噛んで食べること。
良く噛むことで、唾液腺が刺激されて、唾液の分泌がよくなります。
また、良く噛むことで、頬の筋肉をうごかし、頬のたるみを予防する働きもあります。

◆舌回し運動
上唇と歯茎の間→頬→下唇と歯茎の間→頬、という風に順番に舌をグルグルと回します。
これを右回し、左回しの両方行いましょう。
舌回し運動は、唾液の分泌をよくする他に、歯の噛み合わせ、ほうれい線の解消、あごのたるみにも効果があります。

◆耳の下をマッサージする
耳の下には唾液腺があるので、マッサージすることで唾液が出てきます。

また、水を飲むことで唾液の分泌量がアップすると言われていますので、1日1.5Lくらいの水を飲むようにしましょう。
唾液が目の下の黒クマを消すのにに役立つ事がわかりましたか?
唾液の分泌を促して、黒クマ解消を目指しましょう。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑