*

目の黒クマは頬のたるみも原因!たるみ改善には表情筋トレーニング

目の黒クマ対策

目の下の黒クマの原因になる目元のむくみとたるみ。
実は頬がたるんでいると目の下のむくみとたるみがさらに強調されてしまう場合があります。

黒クマで悩んでいる人は、試しに鏡を見ながらこめかみに指を当てて皮膚を上に引き上げてみましょう。
少し黒クマが解消しているのがわかりますか?
黒クマを解消するには目元のたるみ・むくみだけではなく、頬のたるみを解消することも大切なのです。

頬がたるむ原因はいくつかありますが、その原因の一つが「表情筋」が衰えてしまうこと。
表情筋は目や鼻・口を動かして顔の表情を作っている筋肉のことで、加齢により衰えていきます。
そしてもともと日本人は表情筋を日常の生活で数十%ほどしか使っていないと言われているので、これも表情筋が衰えてしまう理由にあげられます。

しかし、表情筋の衰えは表情筋を意識的に動かすことによって改善することが出来ます。
表情筋を鍛えるトレーニングは色々とありますが、簡単にできるのが「あいうえお」体操です。
「あいうえお」と普通に言うだけではなく、顔の筋肉を意識的に動かしながらゆっくりとオーバーに「あ・い・う・え・お」と繰り返します。
あまり疲れてしまうほどやってしまうと逆効果になる場合もあるので、ほどほどに。
そしてなるべく毎日行うことが、頬のたるみを改善し、黒クマの解消につながります。

また、食事をする時によく噛むことも顔のたるみを防止する効果がありますので、食事はゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べるようにしましょう。

そして、「笑顔」でいることも大切です。
無表情でいると表情筋はどんどん衰えていきますが、笑顔は表情筋を使うのでそれだけでリフトアップにつながります。
大げさに笑顔でいるわけじゃなくて、口角を少し上げるだけでOK。
笑顔は表情筋を鍛えるだけではなく、リラックス効果もありますので、なるべく笑顔でいることを心がけたいですね。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


PAGE TOP ↑