*

目の黒クマは目元の「たるみ」や「むくみ」が原因。対策方法は?

目の黒クマ対策

目のクマにもいくつか種類がありますが、手鏡を持って上を向いたときに目元のクマが消えてなくなるようなら、黒クマの証拠です。

黒クマは「加齢型のクマ」とも呼ばれ、年齢とともに出てくることも多いクマです。
最近、若い女性の間で「涙袋」を作るのが流行っていますが、涙袋は下まぶた部分にできる眼球にそったふくらみの事で、黒クマは涙袋のさらに下にできる「たるみ」や「むくみ」が主な原因になります。
ぷっくりとした涙袋は目がぱっちりとした印象や若しい印象を与えますが、それがさらに下にできてしまうと逆に老けた印象を与えてしまいますよね。

では、なぜ目の黒クマの原因となるたるみやむくみができるのでしょうか。
まず、「たるみ」について。
目の周りには眼球を支えたり、まぶたを動かしたり、涙の調節などを行う役割がある「眼輪筋」というドーナツ状の筋肉があります。
この筋肉が弱くなってしまうと、眼球を支えきれなくなり、眼球の重さで目の周りを包む眼窩脂肪(がんかしぼう)が圧迫されて、脂肪が前に押し出された状態になります。
この目の下にできるふくらみを「目袋」とも呼んでいますが、肌にハリや弾力が無くなってしまうのも原因で、目袋の重みを支えられなくなり、その結果黒い影を作る「黒クマ」ができてしまうのです。

黒クマが比較的歳をとった人に出やすいのは、加齢と共に体の筋肉は衰え(眼輪筋も例外ではありません)、肌のハリや弾力も低下するためです。
しかし、スマホやパソコンの使いすぎでまばたきの回数が減ってしまうと眼輪筋は衰えていきますし、筋肉を使わなくなることで血行不良が生じ、血行不良は肌のハリや弾力も低下させるため、若い人でも黒クマに悩まさせる人はいます。

そして、「むくみ」は血行不良により余分な水分や老廃物が回収できない事が原因で、目元にそれらが溜まり黒クマとなって現れます。

そのため、黒クマを解消するには眼輪筋を衰えさせない事、目の周りの血行不良を改善する事、肌が乾燥しないように目の周りの肌の保湿対策をしっかりとすることが大切です。
(肌の保湿対策は「ちりめんジワ」が原因の黒クマ対策にもなります)
また、顔全体がたるんでると黒クマが強調されてしまうので、表情筋もしっかり鍛えるようにしましょう。

目の黒クマのたるみを解消する眼輪筋トレーニング

目の黒クマは頬のたるみも原因!たるみ改善には表情筋トレーニング

目の黒クマ解消は保湿対策をしっかりとする事が大切

※目の周りの血行不良対策は目の青クマ対策を参考に。

鏡に映る自分の顔を見て「老けた・・・」とショックを受ける方もいると思いますが、黒クマは時間をかけてきちんと対処をすれば解消することが可能です。
後々後悔をしないように、日頃からしっかりとケアをしたいですね。


スポンサーリンク




スポンサーサイト


  •  運営者:ささみ

     40代、主婦。
     数年前から厄介な目元のクマに悩まされています。
     クマ解消を目指し、色々な情報をお届けします。

PAGE TOP ↑